【Designer's Letter】Burrow

【Designer's Letter】Burrow

6月 11, 2020

はじめまして、Burrowです。

 

Burrowは、「着て作る、小さな居心地のいいあなただけの場所」を提案したい、という想いで服を作っています。

ご機嫌でいるお手伝いを、洋服でできれば。と願って。

 

 

そのためにBurrowは、原料や繊維から何をどう使うべきかを考え、服作りをしていくことを目指しています。

 

先んじて、Burrowの糸選びやもの作りの記事も上がっていますが、それを書いてくれているのは、Burrowの服の繊維や原料についての部分を支えるスタッフです。

 

糸や生地を探すことはもちろん、さらにその前の原料である動物や植物に触れて、そのルーツをしっかり見つめていきたい。ひとつひとつできることからやっていきたい、できることを広げていきたい。

そんな思いを胸に日々物づくりをしています。

 

 

さて、Burrowの1stコレクション。まずカシミヤから。

様々なアイテムを作らせていただいてきましたが、私はニットというアイテムを作ることが、殊更、とても好きです。

生地を作り服にする一連の流れは、一からやるのはそうたやすくはありません。たくさんの工程を重ね、服になったとき、そこにいる原料の姿は見えにくくなってしまいます。

でもニットでは、天然繊維の姿が見えやすい糸から一気に服へと編み立てる。

その自然の原料が持つ温度感が、私がニットに惹かれる大きな理由だと思います。

 

今回Burrowのカシミヤは、国内の糸メーカーさんのものです。

その糸を、新潟にてホールガーメントで軽く編み立て、ふわっふわにしてもらいました。

サンプルがもうすぐ上がってきます。

皆さんには盛夏のころ、触れていただけるかと思います。

 

そして、やわらかい空気をまとうようなカシミヤと合わせて着ていただきたい気持ちの良いコットンのインナーも仕込んでおります。

 

お目見えできる日が楽しみです。

 

 




Also in blog

Burrow's source【waffle】
Burrow's source【waffle】

7月 29, 2021

Burrowのカットソーアイテムで定番となりつつあるwaffleシリーズ。

 

waffleってどんな生地なんだろう?って思いませんか。

なんとなく巷に溢れてるwaffle生地、でもどんなBurrowのwaffleは特徴があるんだろうということで、今回はBurrowのwaffle生地について少しお話したいと思います。

 waffle生地とはオランダ語で「wafel」ドイツ語で「waffel」と言い、どちらも『蜂の巣』という意味があります。

Read More

Burrow's source【suana cashmere】
Burrow's source【suana cashmere】

7月 01, 2021

Burrowは『居心地の良い巣穴』という意味をもったブランドです。

居心地の良さってなんだろう?と、色々と考えてみたのですが、恥ずかしながら僕は具体的に書き出せる言葉が思いつきませんでした。

 

でも言葉ではうまく言い表せないけれど、自分の中でとある瞬間、時間、または空間の中では、無意識にも安堵し落ち着いていられる、そういうものがあるのであれば、きっとそれがそれぞれの『居心地の良い巣穴』なのだろうなと思います。

 

そんな一人一人にとっての『居心地の良い巣穴』に、より一層の安らぎを添えられるような服でありたい、Burrowの【suana】カシミヤニットはそんな思いで作りました。

 

Read More

Burrow suana cashmere order event
Burrow suana cashmere order event

6月 27, 2021

蒸し暑い季節がやってきましたが、それも過ぎればまた、ぬくもりが愛おしい冬に向かってゆきます。

北国育ちの私は夏は少し苦手ですが、服に携わる仕事をしていると、四季があることにとても喜びを感じます。

 

さて、このたびBurrowのアイコニックなアイテムであるsuana cashmereシリーズのオーダー会を下記日程で開催いたします。

Read More