【Designer's Letter】Burrow

【Designer's Letter】Burrow

6月 11, 2020

はじめまして、Burrowです。

 

Burrowは、「着て作る、小さな居心地のいいあなただけの場所」を提案したい、という想いで服を作っています。

ご機嫌でいるお手伝いを、洋服でできれば。と願って。

 

 

そのためにBurrowは、原料や繊維から何をどう使うべきかを考え、服作りをしていくことを目指しています。

 

先んじて、Burrowの糸選びやもの作りの記事も上がっていますが、それを書いてくれているのは、Burrowの服の繊維や原料についての部分を支えるスタッフです。

 

糸や生地を探すことはもちろん、さらにその前の原料である動物や植物に触れて、そのルーツをしっかり見つめていきたい。ひとつひとつできることからやっていきたい、できることを広げていきたい。

そんな思いを胸に日々物づくりをしています。

 

 

さて、Burrowの1stコレクション。まずカシミヤから。

様々なアイテムを作らせていただいてきましたが、私はニットというアイテムを作ることが、殊更、とても好きです。

生地を作り服にする一連の流れは、一からやるのはそうたやすくはありません。たくさんの工程を重ね、服になったとき、そこにいる原料の姿は見えにくくなってしまいます。

でもニットでは、天然繊維の姿が見えやすい糸から一気に服へと編み立てる。

その自然の原料が持つ温度感が、私がニットに惹かれる大きな理由だと思います。

 

今回Burrowのカシミヤは、国内の糸メーカーさんのものです。

その糸を、新潟にてホールガーメントで軽く編み立て、ふわっふわにしてもらいました。

サンプルがもうすぐ上がってきます。

皆さんには盛夏のころ、触れていただけるかと思います。

 

そして、やわらかい空気をまとうようなカシミヤと合わせて着ていただきたい気持ちの良いコットンのインナーも仕込んでおります。

 

お目見えできる日が楽しみです。

 

 




Also in blog

Burrow20AW Collection LookBook
Burrow20AW Collection LookBook

9月 19, 2020

この秋冬、

繊維の特性を生かした服作りを目指すニット・カットソーブランド「Burrow(ブロウ)」がデビューいたします。

 

ブランド名である「Burrow(ブロウ)」は、小動物の巣穴を意味し、

服作りの根幹である繊維の特性を生かして自分だけの巣穴のような居心地のいい服を提案します。

Read More

Burrow's SOURCE【ワッフル】
Burrow's SOURCE【ワッフル】

9月 10, 2020

Burrowファーストシーズンのカットソーはワッフルという編み地で作られています。

ワッフルの語源はオランダ語で「wafel」ドイツ語で「waffel」=蜂の巣という意味。英名はhoneycombで、どこかBurrowの居心地の良い巣穴のコンセプトに通じている気がしてなりません。

 

糸を幾重にもひっかけて作り上げる凹凸のある表面感が、ともすれば「硬い」と感じられてしまいがちな編み地ですが、今回のBurrowのワッフルは糸をひっかけていません。

 

Read More

Burrow20AW展示会のご案内
Burrow20AW展示会のご案内

9月 03, 2020

Burrow2020AW 展示会・試着会のご案内です。

 

先日ルック撮影を終え、関係者皆さまのプロフェッショナルなお仕事に感服しながら、またみなさまに見ていただくことがさらに楽しみになるような素敵な写真が仕上がりました。

 

そちらの公開はまだお待たせしてしまいますが、先んじて展示会・受注会の情報を公開さ

Read More