Burrow's source【繊維のブレンド】

Burrow's source【繊維のブレンド】

11月 26, 2020

Burrowは次の春夏コレクションに向けて、糸を仕込みはじめました。この糸にたどり着くまでに、たくさんの原料と向かい合い、みなさんに心地よく着てもらえる服の基礎ができるか考えました。

 

秋冬で唯一、様々な繊維を混ぜた糸を使ったのは『knot mufller』だけ。
それ以外は全てコットンだけだったり、カシミヤだけだったりしましたが、違う繊維同士を混ぜ合わせて糸にしていくのも、それぞれの良いところを引き合わせながら作っていく面白味があります。

 

繊維を混ぜ合わせて糸にしていく理由は色々あります。
例えばその繊維だけでは物理的に糸にできない場合もあります。その繊維だけでは糸にできないけれど、風合いは素晴らしいから、他の繊維と合わせて糸に入れていくことで、風合いの良さを引き立たせることもできます。

また、見た目にも色々な効果があり、繊維の種類によっては染め分けと言って、繊維ごとに色を変えて染めることで、独特の奥行きがある色味を表現することだってできます。

 

服になるのが既に楽しみです。

 

繊維を混ぜるだけでなく、糸にしてからも色々と工夫を凝らしているので、また次の展示会で色々とお話できるのを楽しみにしています。




Also in blog

"sweat short sleeve shirts"その軽さと肌触りにハマります

6月 18, 2021

Burrowのコレクションを語る上で欠かせないワードは、やはり【軽さ】ではないでしょうか。

どれをとっても、全くストレスなく着られます。

わたし自身、Burrowに出会ってからというもの、その軽い着心地にすっかり病みつきになり、

服を選ぶときの重要なポイントになりました。

Read More

Burrow's source【毛羽】
Burrow's source【毛羽】

6月 17, 2021

毛羽と聞くとあまりいいイメージではないかもしれません。

でも、毛羽が僕たちに与えてくれるたくさんの喜びをぜひお伝えしたい、なぜなら毛羽とは繊維そのものだからです。

 

ふわっとした柔らかさ、それは繊維が糸から毛羽となってボリュームを作っているから。

Read More

爽やかな夏をお届け~cotton waffle T~
爽やかな夏をお届け~cotton waffle T~

6月 11, 2021

北海道出身のわたしは梅雨が人一倍苦手。

特にマスクが必須になった昨年と今年は息苦しさ倍増。

さらにせっかく整えた前髪は湿気とマスクのせいで速攻巻きがとれてげんなり。

と、恨みつらみを述べたところで梅雨はなくならないし、マスクも外せないので、

最近はこの時期を心地よく過ごすための最適解を常に探しています。

 

Read More