Burrow's source【染】

Burrow's source【染】

6月 03, 2021

Burrowでは次の秋冬企画の支度が着々と進んでおります。

 

 

原料はもちろん、糸の作り方などはもうご存知の通りかと思いますが、今回は原料に色をつける方法にも少し実験的な方法でアプローチしています。

 

『染める』と一言で言ってもその手法は様々で、この『染める』という言葉が地域によって指すテクニックが異なったりもして、意外といや、かなり奥深い世界であります。

 

一般的に『染める』と聞くと生地や服に色をつけるためにジャブジャブと漬け込んでいくイメージになるとおもいます。

 

実はそれ以外にも、糸で色をつけ場合もありますし、糸になる前のワタに色をつけたりと、『染める』タイミングをかえることで仕上がる商品の顔を左右します。

次の秋冬では今までとは違った『染め』にチャレンジするので、デザイナーはじめ、繊維担当の僕もワクワクしています。

 

かわいい!って言ってもらえる服になるには、まず糸からです。その糸を彩る染めのチャレンジ、楽しみにしていてください。

 




Also in blog

"sweat short sleeve shirts"その軽さと肌触りにハマります

6月 18, 2021

Burrowのコレクションを語る上で欠かせないワードは、やはり【軽さ】ではないでしょうか。

どれをとっても、全くストレスなく着られます。

わたし自身、Burrowに出会ってからというもの、その軽い着心地にすっかり病みつきになり、

服を選ぶときの重要なポイントになりました。

Read More

Burrow's source【毛羽】
Burrow's source【毛羽】

6月 17, 2021

毛羽と聞くとあまりいいイメージではないかもしれません。

でも、毛羽が僕たちに与えてくれるたくさんの喜びをぜひお伝えしたい、なぜなら毛羽とは繊維そのものだからです。

 

ふわっとした柔らかさ、それは繊維が糸から毛羽となってボリュームを作っているから。

Read More

爽やかな夏をお届け~cotton waffle T~
爽やかな夏をお届け~cotton waffle T~

6月 11, 2021

北海道出身のわたしは梅雨が人一倍苦手。

特にマスクが必須になった昨年と今年は息苦しさ倍増。

さらにせっかく整えた前髪は湿気とマスクのせいで速攻巻きがとれてげんなり。

と、恨みつらみを述べたところで梅雨はなくならないし、マスクも外せないので、

最近はこの時期を心地よく過ごすための最適解を常に探しています。

 

Read More