Burrow's Source【風合い出し】

Burrow's Source【風合い出し】

July 30, 2020

Burrowのアイテムの旅は、繊維原料に始まり、糸から編みへと形を変えてようやく服になりますが、これで終わりではありません。

 

みなさんのお手元に届ける前にもう一手間。

『加工』と言ってしまうと味気ないですが、それはとても大切な工程なのです。

これまでの“Burrow’s Source”で触れてきた繊維たちの魅力を最大限に引き出す魔法、風合い出しの役割がこの『加工』にあります。

 

Burrowの加工をお手伝いしてくださっている仕上加工場さんの地域は地下水が豊富で、1日に使える水の量が5,000トンもあるとのことです。1kgが大体1リットルなので、2リットル入りのペットボトルが250万本って言われてもピンとこないですが、物凄い量です。

もちろんこんなに1日に水を使用しているわけではなく、必要な量を大切に使っています。

自然豊な山脈を通して地下に蓄積していく雨水は鉱物などのミネラルが豊富なため、加工にそのまま使えるわけではなく、毎月水質検査をして加工に適した柔らかい水にするためにイオンで調整しているとのことでした。

そして風合い出しの加工方法も、機械の動きを調整して繊維を痛めないような優しい動きで、水の中を服たちが気持ちよく泳いでくように水を揺らします。

そんな丁寧な風合い出しの作業で、Burrowの服の繊維たちは服になるまでの長い旅路を形を変えやすいように少し窮屈になっていたその状態をパァッと解き放っていく。そんなイメージでした。

 

こうしてようやくBurrowのアイテムの風合いが整って、あとはみなさんにとって『居心地のいい巣穴』になれるよう、1日も早くお手元にお届けしたいと心から思うのでした。




Also in blog

【Designer's Letter】巣穴ニットがうまれるところ
【Designer's Letter】巣穴ニットがうまれるところ

August 07, 2020

Read More

【Designer's Letter】誰かの居心地のいい隠れ穴
【Designer's Letter】誰かの居心地のいい隠れ穴

July 23, 2020

Burrowが意味するのは、『居心地のいい巣穴』。

 

誰かにとって、居心地のいい巣穴になれるような服を、原料となる植物や動物の力を借りて少なからずお届けできるようなブランド。

Read More

Burrow's Source【カシミヤ 】
Burrow's Source【カシミヤ 】

July 16, 2020

Burrowのファーストシーズンはカシミヤを使用したアイテムも用意しています。

 

カシミヤと聞いて想像するのはやはり、高級ということでしょうか。

確かにお値段はします。少ししか採れないなど理由は色々とありますが、その一つに、繊維原料(わた)が糸になる前にたくさんの人の手がかかっているということがあるので、今回はその糸になるまでの繊維の旅を少しご紹介させてもらいます。

Read More