Burrow's Source【風合い出し】

Burrow's Source【風合い出し】

7月 30, 2020

Burrowのアイテムの旅は、繊維原料に始まり、糸から編みへと形を変えてようやく服になりますが、これで終わりではありません。

 

みなさんのお手元に届ける前にもう一手間。

『加工』と言ってしまうと味気ないですが、それはとても大切な工程なのです。

これまでの“Burrow’s Source”で触れてきた繊維たちの魅力を最大限に引き出す魔法、風合い出しの役割がこの『加工』にあります。

 

Burrowの加工をお手伝いしてくださっている仕上加工場さんの地域は地下水が豊富で、1日に使える水の量が5,000トンもあるとのことです。1kgが大体1リットルなので、2リットル入りのペットボトルが250万本って言われてもピンとこないですが、物凄い量です。

もちろんこんなに1日に水を使用しているわけではなく、必要な量を大切に使っています。

自然豊な山脈を通して地下に蓄積していく雨水は鉱物などのミネラルが豊富なため、加工にそのまま使えるわけではなく、毎月水質検査をして加工に適した柔らかい水にするためにイオンで調整しているとのことでした。

そして風合い出しの加工方法も、機械の動きを調整して繊維を痛めないような優しい動きで、水の中を服たちが気持ちよく泳いでくように水を揺らします。

そんな丁寧な風合い出しの作業で、Burrowの服の繊維たちは服になるまでの長い旅路を形を変えやすいように少し窮屈になっていたその状態をパァッと解き放っていく。そんなイメージでした。

 

こうしてようやくBurrowのアイテムの風合いが整って、あとはみなさんにとって『居心地のいい巣穴』になれるよう、1日も早くお手元にお届けしたいと心から思うのでした。




Also in blog

Burrow's source【original cotton】
Burrow's source【original cotton】

3月 04, 2021

Burrowの春夏シーズン向けに作ったオリジナルコットンは、原料の選ぶところだけでなく、糸に紡ぎあげる段階も色々な工夫を施しました。

Tシャツなど薄手の装いが目立ってくる季節なので、しっかりとコシがあるけど、硬くて着にくくなってはいけないと、 生地に仕上げていく前の段階から考えていました。

例えるならアルデンテ。
糸の芯はしっかりしていても、表面はしっとりとコットンの風合いを感じてもらえるような糸づくりです。

Read More

Burrow21春の「いまのところ」
Burrow21春の「いまのところ」

2月 25, 2021

はてさて、去年の2月からまるっと一年、忘れもしない、世がコロナ禍になって一年。

そんな折にどんなものを作ろうかなあと、とっても悩んでいました。

 

2シーズン目って悩みますね、何をどんな形で皆さんにお届けするべきなのか。

 

今回は、繊維担当である山本さんが作ってくれたコットン、シルク、カシミヤ ・・・そんな素材たちが涼しげな顔で上がってきてくれています。

Read More

Burrow's source【knitting】
Burrow's source【knitting】

2月 11, 2021

Read More