【Designer's Letter】Burrowのふわふわ

【Designer's Letter】Burrowのふわふわ

6月 25, 2020

こんにちは

今年の梅雨は少し涼しいですね。

Burrowでは続々とサンプルが上がってきています。

 

ちょっと難しいこともしているので、工場さんと毎度調整です。

 

今回カットソー では、すごく好きな素材を使っています。

フワフワで、柔らかくって、ついつい触っていたくなるそんなコットン。

肌触りのいいカシミヤに合わせて着るなら、それも気持ちよくないと。

 

素材の裏側には、もちろんそう仕上がる理由がありますが、それは山本さんの分野です。

素材そのものも気持ちいいんですが、わたしは着た後目に入る自分の視界やたたんだ時、ふと振り返った時・・・

そういう時にちょっとだけ音符が飛ぶような、ご機嫌ポイントを作りたいなと思って服にしました。

撮りたい写真の構図も決まってて、すごく楽しみです。

 

でも作りすぎない、やりすぎない。

Burrowは型数もグッとコンパクトにしました。

デザインも語り口も足しながら何かを減らす作業の方が多いです。

素材選びや一つ一つの寸法出しがもうすでに服の印象を決める大切なデザインでそこにちょっと遊び心を加えるくらいの、余白を感じる服にするぞ。というバランスにも気をつけて作っています。

 

メンズはもちろん、レディースも、わたしは他人に着てもらってサンプルチェックをするのですが、今回のフワフワコットンのワッフル素材はとても評判がよくて嬉しい。

 

さて、アイテムによっては各色サンプルに進んでいるBurrowの服たち。

 

次に手元に仕上がってくるのが楽しみです

 

 




Also in blog

Burrow20AW Collection LookBook
Burrow20AW Collection LookBook

9月 19, 2020

この秋冬、

繊維の特性を生かした服作りを目指すニット・カットソーブランド「Burrow(ブロウ)」がデビューいたします。

 

ブランド名である「Burrow(ブロウ)」は、小動物の巣穴を意味し、

服作りの根幹である繊維の特性を生かして自分だけの巣穴のような居心地のいい服を提案します。

Read More

Burrow's SOURCE【ワッフル】
Burrow's SOURCE【ワッフル】

9月 10, 2020

Burrowファーストシーズンのカットソーはワッフルという編み地で作られています。

ワッフルの語源はオランダ語で「wafel」ドイツ語で「waffel」=蜂の巣という意味。英名はhoneycombで、どこかBurrowの居心地の良い巣穴のコンセプトに通じている気がしてなりません。

 

糸を幾重にもひっかけて作り上げる凹凸のある表面感が、ともすれば「硬い」と感じられてしまいがちな編み地ですが、今回のBurrowのワッフルは糸をひっかけていません。

 

Read More

Burrow20AW展示会のご案内
Burrow20AW展示会のご案内

9月 03, 2020

Burrow2020AW 展示会・試着会のご案内です。

 

先日ルック撮影を終え、関係者皆さまのプロフェッショナルなお仕事に感服しながら、またみなさまに見ていただくことがさらに楽しみになるような素敵な写真が仕上がりました。

 

そちらの公開はまだお待たせしてしまいますが、先んじて展示会・受注会の情報を公開さ

Read More