【Designer's Letter】巣穴ニットがうまれるところ

【Designer's Letter】巣穴ニットがうまれるところ

8月 07, 2020

こんにちは、Burrowです。

 

もう急に暑くて、衝撃です。

毎年毎年、暑くなるのはわかってるのですが、暑くなるとびっくりします。

 

つい先日、Burrowのカシミヤニット『巣穴ニット』をつくってくれている加工場さんにお邪魔してきました。

 

とてもふわふわで軽い巣穴ニットですが、編んだだけでは全くの別物で、加工を入れることでこのふわふわ感がでます。

 

わたしの師匠に、カシミヤをやるんだよ〜と伝えたらすぐにこの加工の名前が出てきたので、国内で数件しかできないと聞くこの加工は、やっぱり作り手の中では有名なようです。

 

最近わかったことなのですが、わたしは製品サンプルになっているよりも糸や編み地の段階の方がピンとくるようで、このカシミヤはまず、糸の状態の佇まいがすでにぴーんときてしまったのでした。

 

 

凝った編み地や意匠性の高い服作りもとても好きなのですが、Burrowはやっぱり『原料の動物や植物の姿をよりよく見せ感じてもらいたい』と思って始めたニットブランドなので、最初はカシミヤをの特性を最大限に!と思って服にしています。

 

この糸が工場さんで編まれて、加工場さんでふわふわになるとき、こんな姿をしています。

 

 

たぷーん

とこんな感じです。

水が豊かな富山県。

水質を徹底管理しながら運営される工場さんで、ギュッと糸に撚られたカシミヤがもう一度ふわっと解けるのがこの釜の中。

櫛引きですかれた糸をあつめて、ぎゅぎゅっと撚って糸にして、もう一回いきものみたいに戻る。

本当はカシミヤの櫛引きいく予定だったので、本物のカシミヤの毛がどんな感じなのかもお伝えしたかったのですがあいにくかなわずで、渡航ができるようになる日を夢見て、今は巣穴ニットにくるまれていようと思います。

 

数件お問い合わせをいただいております展示会ですが、都内にて9月中頃から下旬を予定しています。

詳細は追って、このブログかBurrowのInstagramで告知させていただきます。

 

暑い日が続いています。くれぐれも体調には気をつけてみなさまお過ごし下さい。

 




Also in blog

Burrow's source【waffle】
Burrow's source【waffle】

7月 29, 2021

Burrowのカットソーアイテムで定番となりつつあるwaffleシリーズ。

 

waffleってどんな生地なんだろう?って思いませんか。

なんとなく巷に溢れてるwaffle生地、でもどんなBurrowのwaffleは特徴があるんだろうということで、今回はBurrowのwaffle生地について少しお話したいと思います。

 waffle生地とはオランダ語で「wafel」ドイツ語で「waffel」と言い、どちらも『蜂の巣』という意味があります。

Read More

Burrow's source【suana cashmere】
Burrow's source【suana cashmere】

7月 01, 2021

Burrowは『居心地の良い巣穴』という意味をもったブランドです。

居心地の良さってなんだろう?と、色々と考えてみたのですが、恥ずかしながら僕は具体的に書き出せる言葉が思いつきませんでした。

 

でも言葉ではうまく言い表せないけれど、自分の中でとある瞬間、時間、または空間の中では、無意識にも安堵し落ち着いていられる、そういうものがあるのであれば、きっとそれがそれぞれの『居心地の良い巣穴』なのだろうなと思います。

 

そんな一人一人にとっての『居心地の良い巣穴』に、より一層の安らぎを添えられるような服でありたい、Burrowの【suana】カシミヤニットはそんな思いで作りました。

 

Read More

Burrow suana cashmere order event
Burrow suana cashmere order event

6月 27, 2021

蒸し暑い季節がやってきましたが、それも過ぎればまた、ぬくもりが愛おしい冬に向かってゆきます。

北国育ちの私は夏は少し苦手ですが、服に携わる仕事をしていると、四季があることにとても喜びを感じます。

 

さて、このたびBurrowのアイコニックなアイテムであるsuana cashmereシリーズのオーダー会を下記日程で開催いたします。

Read More