【Designer's Letter】巣穴ニットがうまれるところ

【Designer's Letter】巣穴ニットがうまれるところ

8月 07, 2020

こんにちは、Burrowです。

 

もう急に暑くて、衝撃です。

毎年毎年、暑くなるのはわかってるのですが、暑くなるとびっくりします。

 

つい先日、Burrowのカシミヤニット『巣穴ニット』をつくってくれている加工場さんにお邪魔してきました。

 

とてもふわふわで軽い巣穴ニットですが、編んだだけでは全くの別物で、加工を入れることでこのふわふわ感がでます。

 

わたしの師匠に、カシミヤをやるんだよ〜と伝えたらすぐにこの加工の名前が出てきたので、国内で数件しかできないと聞くこの加工は、やっぱり作り手の中では有名なようです。

 

最近わかったことなのですが、わたしは製品サンプルになっているよりも糸や編み地の段階の方がピンとくるようで、このカシミヤはまず、糸の状態の佇まいがすでにぴーんときてしまったのでした。

 

 

凝った編み地や意匠性の高い服作りもとても好きなのですが、Burrowはやっぱり『原料の動物や植物の姿をよりよく見せ感じてもらいたい』と思って始めたニットブランドなので、最初はカシミヤをの特性を最大限に!と思って服にしています。

 

この糸が工場さんで編まれて、加工場さんでふわふわになるとき、こんな姿をしています。

 

 

たぷーん

とこんな感じです。

水が豊かな富山県。

水質を徹底管理しながら運営される工場さんで、ギュッと糸に撚られたカシミヤがもう一度ふわっと解けるのがこの釜の中。

櫛引きですかれた糸をあつめて、ぎゅぎゅっと撚って糸にして、もう一回いきものみたいに戻る。

本当はカシミヤの櫛引きいく予定だったので、本物のカシミヤの毛がどんな感じなのかもお伝えしたかったのですがあいにくかなわずで、渡航ができるようになる日を夢見て、今は巣穴ニットにくるまれていようと思います。

 

数件お問い合わせをいただいております展示会ですが、都内にて9月中頃から下旬を予定しています。

詳細は追って、このブログかBurrowのInstagramで告知させていただきます。

 

暑い日が続いています。くれぐれも体調には気をつけてみなさまお過ごし下さい。

 




Also in blog

Burrow20AW Collection LookBook
Burrow20AW Collection LookBook

9月 19, 2020

この秋冬、

繊維の特性を生かした服作りを目指すニット・カットソーブランド「Burrow(ブロウ)」がデビューいたします。

 

ブランド名である「Burrow(ブロウ)」は、小動物の巣穴を意味し、

服作りの根幹である繊維の特性を生かして自分だけの巣穴のような居心地のいい服を提案します。

Read More

Burrow's SOURCE【ワッフル】
Burrow's SOURCE【ワッフル】

9月 10, 2020

Burrowファーストシーズンのカットソーはワッフルという編み地で作られています。

ワッフルの語源はオランダ語で「wafel」ドイツ語で「waffel」=蜂の巣という意味。英名はhoneycombで、どこかBurrowの居心地の良い巣穴のコンセプトに通じている気がしてなりません。

 

糸を幾重にもひっかけて作り上げる凹凸のある表面感が、ともすれば「硬い」と感じられてしまいがちな編み地ですが、今回のBurrowのワッフルは糸をひっかけていません。

 

Read More

Burrow20AW展示会のご案内
Burrow20AW展示会のご案内

9月 03, 2020

Burrow2020AW 展示会・試着会のご案内です。

 

先日ルック撮影を終え、関係者皆さまのプロフェッショナルなお仕事に感服しながら、またみなさまに見ていただくことがさらに楽しみになるような素敵な写真が仕上がりました。

 

そちらの公開はまだお待たせしてしまいますが、先んじて展示会・受注会の情報を公開さ

Read More