Burrow's source【リリヤーン】

Burrow's source【リリヤーン】

1月 28, 2021

 

繊維担当の山本です。

糸を編んで糸にする『リリヤーン』という技法。Burrowでは既におなじみになりつつありますが、今回の春夏の企画でもこのテクニックを採用しています。

 

前回のブログで、デザイナーが少し触れた来春夏に向けて作っている『リリヤーン』で、少しだけ触れましたが、今回の春夏ではコットンとカシミヤとシルクの三つの繊維を混ぜ合わせ、一本の糸にしたあと、その糸を編んでリリヤーンにしています。

 

カシミヤとシルクを混ぜ合わせているので、その繊細な風合いをどうしたら引き出せるか?という問を繰り返しながら。

ただ編むだけでは、せっかくのブレンドもなんとなく味気ないものになってしまいそうだったので、糸を編んで糸にする段階ではかなり緩めに編んでもらいました。

最終的にそのリリヤーンを編んで服にしてくれる編工場さんと、編む時に支障がでないかどうかを幾度となく確認しながら、極力繊細さを失わないギリギリの緩さをねらって。

 

 

少し時間はかかってしまいましたが、工場さんたちのご協力のおかげで、適度なボリュームもありながら、しかし厚くなりすぎず、優しい繊維感を残したまま、とろみもある、そんな糸に仕上がりました。

今はその糸が染め終わって、服の編み地にどういう編み方をするか試し編みをしてもらっているところです。

 

アイテムのイメージもかたまりつつあります。

服になってからどういう風合いに仕上げていくか、糸が携えた風合いを引き出す方法を考えているところです。

どうぞお楽しみに。




Also in blog

"sweat short sleeve shirts"その軽さと肌触りにハマります

6月 18, 2021

Burrowのコレクションを語る上で欠かせないワードは、やはり【軽さ】ではないでしょうか。

どれをとっても、全くストレスなく着られます。

わたし自身、Burrowに出会ってからというもの、その軽い着心地にすっかり病みつきになり、

服を選ぶときの重要なポイントになりました。

Read More

Burrow's source【毛羽】
Burrow's source【毛羽】

6月 17, 2021

毛羽と聞くとあまりいいイメージではないかもしれません。

でも、毛羽が僕たちに与えてくれるたくさんの喜びをぜひお伝えしたい、なぜなら毛羽とは繊維そのものだからです。

 

ふわっとした柔らかさ、それは繊維が糸から毛羽となってボリュームを作っているから。

Read More

爽やかな夏をお届け~cotton waffle T~
爽やかな夏をお届け~cotton waffle T~

6月 11, 2021

北海道出身のわたしは梅雨が人一倍苦手。

特にマスクが必須になった昨年と今年は息苦しさ倍増。

さらにせっかく整えた前髪は湿気とマスクのせいで速攻巻きがとれてげんなり。

と、恨みつらみを述べたところで梅雨はなくならないし、マスクも外せないので、

最近はこの時期を心地よく過ごすための最適解を常に探しています。

 

Read More