Burrow's SOURCE【ワッフル】

Burrow's SOURCE【ワッフル】

9月 10, 2020

コットンの回でもご紹介させていただいた、Burrowファーストシーズンのカットソーはワッフルという編み地で作られています。

ワッフルの語源はオランダ語で「wafel」ドイツ語で「waffel」=蜂の巣という意味。英名はhoneycombで、どこかBurrowの居心地の良い巣穴のコンセプトに通じている気がしてなりません。

 

糸を幾重にもひっかけて作り上げる凹凸のある表面感が、ともすれば「硬い」と感じられてしまいがちな編み地ですが、今回のBurrowのワッフルは糸をひっかけていません。

リラックスした編み方をしているので、服に仕立てたあと、繊維たちをゆっくりと泳がすことで柔らかさを生み出すことができたような気がしています。

正直言ってこれは作る前に想像していなかったので、嬉しい誤算でしたが、きっとみなさんに気に入ってもらえるのではないかと思っています。

 

さて、そんなコットンワッフルもそろそろ皆さんにお届けする分が仕上がってきそうです。ぜひ展示会で触ってみてください。

展示会は9月25,26,27日の三日間、渋谷のギャラリー&エキシビジョン-SOCIAL TOKYOさんで行います。
渋谷駅B1出口から歩いて5分のところにあります。

詳しくはこちらのご案内をご覧ください。

みなさんにお会いできるのを楽しみにしております。




Also in blog

Burrow20AW Collection LookBook
Burrow20AW Collection LookBook

9月 19, 2020

この秋冬、

繊維の特性を生かした服作りを目指すニット・カットソーブランド「Burrow(ブロウ)」がデビューいたします。

 

ブランド名である「Burrow(ブロウ)」は、小動物の巣穴を意味し、

服作りの根幹である繊維の特性を生かして自分だけの巣穴のような居心地のいい服を提案します。

Read More

Burrow20AW展示会のご案内
Burrow20AW展示会のご案内

9月 03, 2020

Burrow2020AW 展示会・試着会のご案内です。

 

先日ルック撮影を終え、関係者皆さまのプロフェッショナルなお仕事に感服しながら、またみなさまに見ていただくことがさらに楽しみになるような素敵な写真が仕上がりました。

 

そちらの公開はまだお待たせしてしまいますが、先んじて展示会・受注会の情報を公開さ

Read More

Burrow's Source【繊維の旅路】
Burrow's Source【繊維の旅路】

8月 27, 2020

Burrowのニットは主に天然素材を中心に原料を選んでいます。

 

人類の叡智が詰まった化学繊維もとても魅力的ですが、優しく私たちの営みを包んでくれている自然から生まれる天然繊維は、Burrowの想いに深く寄り添ってくれます。

 

Read More