Burrow's Source【20AWメインニット】

Burrow's Source【20AWメインニット】

8月 13, 2020

一本の糸から服にしていくニット。

単純なようで、ものすごく複雑なこのジャンル。だけど、Burrowの『居心地のよい巣穴』は、ニットだから表現できるのかもしれません。

 

の回から、このBurrowの服作りについて原料編み地など紹介してきました。

思えば長い時間をかけ、繊維の採取や、糸の作り方、そして編み、風合い出しと向き合ってようやくカタチになったニットたち。その旅路をどんなに語ろうとも、着てもらう皆さんにとって『居心地がよい』モノであって欲しい、その思いにまさることはないでしょう。

 

今回のメインニットは縫い合わせる部分を極力なくした物になっています。着用時のストレスを、、、なんて野暮なことは言いません。Burrowチームで導きだす答えはいつだって皆さんにとっての居心地のよい巣穴を目指したモノ。

何度も試行錯誤して辿り着いた方法にすぎません。時間はかなりかかりましたが、きっと気に入ってもらえると思います。

 

繊維が服に編み上がって、加工で少しだけ繊維に戻してあげた商品たちが、皆さんに早く触れてもらいたいと出番を待っているようです。

 

ようやく出そろった商品たちを前に、少しだけ浸ったあと、今度は皆さんにお披露目する場を居心地のよい空間にできるよう、Burrowチーム一丸となってやってまいりますので、楽しみに待っていてくださいね。




Also in blog

Burrow20AW Collection LookBook
Burrow20AW Collection LookBook

9月 19, 2020

この秋冬、

繊維の特性を生かした服作りを目指すニット・カットソーブランド「Burrow(ブロウ)」がデビューいたします。

 

ブランド名である「Burrow(ブロウ)」は、小動物の巣穴を意味し、

服作りの根幹である繊維の特性を生かして自分だけの巣穴のような居心地のいい服を提案します。

Read More

Burrow's SOURCE【ワッフル】
Burrow's SOURCE【ワッフル】

9月 10, 2020

Burrowファーストシーズンのカットソーはワッフルという編み地で作られています。

ワッフルの語源はオランダ語で「wafel」ドイツ語で「waffel」=蜂の巣という意味。英名はhoneycombで、どこかBurrowの居心地の良い巣穴のコンセプトに通じている気がしてなりません。

 

糸を幾重にもひっかけて作り上げる凹凸のある表面感が、ともすれば「硬い」と感じられてしまいがちな編み地ですが、今回のBurrowのワッフルは糸をひっかけていません。

 

Read More

Burrow20AW展示会のご案内
Burrow20AW展示会のご案内

9月 03, 2020

Burrow2020AW 展示会・試着会のご案内です。

 

先日ルック撮影を終え、関係者皆さまのプロフェッショナルなお仕事に感服しながら、またみなさまに見ていただくことがさらに楽しみになるような素敵な写真が仕上がりました。

 

そちらの公開はまだお待たせしてしまいますが、先んじて展示会・受注会の情報を公開さ

Read More