Burrow's SOURCE【ケアブラシ】

Burrow's SOURCE【ケアブラシ】

Burrowのニットは、その繊維の細さゆえに、柔らかく軽いタッチになっています。

反面、どうしても毛羽乱れや毛玉が起こりやすいです。これはBurrowのニットに限らず、繊細な風合いの衣料品は、このような毛羽乱れや毛玉になりやすく、また繊維の中に目に見えにくい汚れなどが入り混んでしまうと、虫喰いの原因にもなったりするので細かなケアをしてあげると良いです。

ふわふわ巣穴ごこちソックス

ふわふわ巣穴ごこちソックス

Burrow online storeで、ご注文後3営業日以内程度で発送可能なの品は、現在以下になります。
burrow's source【カシミヤのケア】

burrow's source【カシミヤのケア】

Burrowでは展示試着会で見ていただいた商品が順に仕上がってきて、そろそろ【suana】シリーズの第一弾、cashmere socksを発送できそうです。

 

カシミヤの繊維が肌に触れた時、足通りの滑らかさや、蒸れ感を感じにくい快適さ、そしてその柔らかさ優しさを感じてもらえると思います。

カシミヤの風合いを心地よく感じていただくために、少し糸から繊維に戻す加工をしていますので、最初の触り心地はフワフワとしています。そのフワフワとした毛羽感が、風合いの最大の特徴ではありますが、着用を繰り返すとやはり毛玉や汚れは避けて通れません。


Burrow = 居心地のいい自分だけの巣穴

Burrow = 居心地のいい自分だけの巣穴

大人になると、自分のご機嫌を自分でとりましょうね、という具合になってきて、私もいろいろなもののお世話になっています。例えば、香りとか食事とか景色とか・・・。

 

それらは機嫌よくいることを「大人だからしなくていけない」ということを全てすっ飛ばして、「楽しみ」や「癒し」としてポジティブにしてくれます。

 

気分がいいって素敵なことです。世の中にあるいろいろなものが、私たちに様々な刺激をもって気分を変化させてくれます。

 

服からも、たくさんのパワーをもらう日々を過ごしてきました。

 

最初Burrowの服は、もう少しオンオフの差をつけたラインナップの案も想定していました。

Burrow's source【天然繊維】

Burrow's source【天然繊維】

Burrowの原料は、主に天然繊維を使用しています。人肌に触れて、心地よいと感じてもらえると考えているからです。



カシミヤもコットンも、動植物から恵みを受け取って、その原料の良さをなるべくそのまま感じてもらいたいと、Burrowの服にそんな想いを込めて生地作りの手前、原料の選定をしています。



天然繊維というのは、自然界のなりゆきで、どうしても個体差というのが出てしまいます。
Burrow20AW Collection LookBook

Burrow20AW Collection LookBook

この秋冬、

繊維の特性を生かした服作りを目指すニット・カットソーブランド「Burrow(ブロウ)」がデビューいたします。

 

ブランド名である「Burrow(ブロウ)」は、小動物の巣穴を意味し、

服作りの根幹である繊維の特性を生かして自分だけの巣穴のような居心地のいい服を提案します。


Burrow's SOURCE【ワッフル】

Burrow's SOURCE【ワッフル】

Burrowファーストシーズンのカットソーはワッフルという編み地で作られています。

ワッフルの語源はオランダ語で「wafel」ドイツ語で「waffel」=蜂の巣という意味。英名はhoneycombで、どこかBurrowの居心地の良い巣穴のコンセプトに通じている気がしてなりません。

 

糸を幾重にもひっかけて作り上げる凹凸のある表面感が、ともすれば「硬い」と感じられてしまいがちな編み地ですが、今回のBurrowのワッフルは糸をひっかけていません。

 

Burrow20AW展示会のご案内

Burrow20AW展示会のご案内

Burrow2020AW 展示会・試着会のご案内です。

 

先日ルック撮影を終え、関係者皆さまのプロフェッショナルなお仕事に感服しながら、またみなさまに見ていただくことがさらに楽しみになるような素敵な写真が仕上がりました。

 

そちらの公開はまだお待たせしてしまいますが、先んじて展示会・受注会の情報を公開さ

Burrow's Source【繊維の旅路】

Burrow's Source【繊維の旅路】

Burrowのニットは主に天然素材を中心に原料を選んでいます。

 

人類の叡智が詰まった化学繊維もとても魅力的ですが、優しく私たちの営みを包んでくれている自然から生まれる天然繊維は、Burrowの想いに深く寄り添ってくれます。

 


【Designer's Letter】巣穴ニットと展示会について

【Designer's Letter】巣穴ニットと展示会について

きてくれたみんながBurrowの製品を着て「え!なにこれ!かわい〜!きもち〜!」と言ってくれるのが本当に嬉しい瞬間。

さて、ようやく!ようやく展示会の日程を決めました!

Burrow's Source【20AWメインニット】

Burrow's Source【20AWメインニット】

一本の糸から服にしていくニット。

単純なようで、ものすごく複雑なこのジャンル。だけど、Burrowの『居心地のよい巣穴』は、ニットだから表現できるのかもしれません。

 

【Designer's Letter】巣穴ニットがうまれるところ

【Designer's Letter】巣穴ニットがうまれるところ

Burrowのカシミヤニット『巣穴ニット』をつくってくれている加工場さんにお邪魔してきました。

 

とてもふわふわで軽い巣穴ニットですが、編んだだけでは全くの別物で、加工を入れることでこのふわふわ感がでます。